九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 当院のがん治療 > 治療(免疫療法)のラインナップ

当院のがん治療

治療(免疫療法)のラインナップ

治療(免疫療法)のラインナップ

当院では次の治療を行っております。治療方針は患者さんのご容体に合わせた方法を医師が患者さん(ご家族)と一緒に最適な方法を考えていきます。

高品質な樹状細胞ワクチン療法

当クリニックが専門とする"樹状細胞ワクチン療法"は、がん細胞だけを攻撃するよう進化させた「最先端の特異的がん免疫細胞療法」として各国で研究開発が行われています。
2010年には、アメリカFDAが、世界に先駆けて樹状細胞ワクチン療法を認可しました。このように、最先端の特異的がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」は、第4のがん治療としてのエビデンス(検証結果)の確立に向け、より新しい時代に入っていると言える治療です。

当院の樹状細胞ワクチン療法は、患者さまの血液から取り出した細胞(単球)を東京大学医科学研究所等で開発された技術ノウハウを用いて「がんだけを攻撃するように強化された樹状細胞」に育て、当クリニック独自のがんの目印を覚えさせて、再び体内に戻すことで、がんだけを効率よく攻撃することができます。
さらに、自分自身の免疫細胞を用いてワクチンを作ることから、従来の抗がん剤のような重い副作用の心配がなく、QOL(生活の質)を維持しながらがん治療を行うことができるという特徴があります。

>>高品質な樹状細胞ワクチン療法について詳しくはこちら

活性化リンパ球療法(LAK療法)

採血によりリンパ球をからだの外へ取り出した後、サイトカインと呼ばれる物質の刺激をリンパ球に与えることで、増殖・活性化させた後、患者さんに投与するがん治療法です。 活性化リンパ球療法は、からだ全体の免疫力を高めることで、がんへの攻撃を期待します。樹状細胞ワクチン療法と組み合わせて、がんだけを攻撃するリンパ球だけを増やすことができれば、さらに有効な免疫治療になります。


また、活性化したリンパ球が出すサイトカインや成長因子が体内の免疫環境を整えてくれる効果もあり、免疫細胞療法としては手技が比較的簡便であることから、使い道を十分に考慮して行えば戦力になる治療法です。

>>活性化リンパ球療法については詳しくはこちら

BRM療法(免疫機能補助療法)

免疫療法剤(免疫賦活剤)やサイトカインを用いた免疫療法です。BRMとは、Biological Response Modifier(生物的反応を修飾するもの、あるいはその方法)の略で、一般的には免疫力を全体的に底上げして体内の免疫環境を改善し、がんに立ち向かおうとするものです。
免疫療法剤の多くは、細菌に由来するものとキノコ類に由来する多糖類です。溶連菌という細菌から調整したOK-432、シイタケから抽出した多糖類であるレンチナン、サルノコシカケ由来の多糖類クレスチンは、すでに認可を受けて患者さんの治療に使用されています。

>>BRM療法について詳しくはこちら


-----コラム:免疫療法の抗腫瘍メカニズム------

免疫療法の抗腫瘍メカニズム

一言で免疫療法と言っても、免疫賦活剤に免疫細胞療法、ワクチン療法とさまざまな種類の免疫療法があります。 免疫賦活剤のように免疫力を全体的に高めることで、がんと闘う力を強化するものから、がんワクチンのように敵(抗原)の 目印にだけ作用する抗原抗体反応を利用し、特定の免疫細胞の働きを強化することで、がんをやっつけようとするものなどがあります。


いずれの治療法であっても「人の体にもともと備わっている免疫システムに働きかける」という点で共通します。 がん細胞と闘うことのできるNK細胞やT細胞、キラーT細胞(細胞障害性T細胞=CTLとも呼ばれる)などの免疫細胞を活性化させることで、 がんをやっつけようとするのが、免疫療法の基本的な抗腫瘍メカニズムです。


免疫療法に副作用はあるの?

多くの免疫療法で副作用はほとんど認められていませんが、発熱や皮膚の炎症などの軽い副作用を伴うこともあります。


人が元来持っている免疫の力を利用して病気を克服しようとする免疫療法は、副作用が少ないことで知られています。 この免疫療法は、正常な細胞を傷付けずに異常な細胞のみに働きかけるため、重篤な副作用をもたらすことが少なく、 患者さんのQOL(quality of life)向上に貢献してくれる治療法であるとも言えます。


他の治療とも併用できる?

免疫システムの働きを利用する免疫療法は、免疫細胞が活性化して抗腫瘍効果を発揮するまでに時間を要する場合があることが報告されていますが、 他の治療法(手術や放射線照射、抗がん剤治療)との併用によってその弱点を補うことができます。


手術や放射線照射、抗がん剤治療といった標準治療と併用し、がんを小さくしたり消失させたりしたのちに免疫療法を行うことで、 免疫療法の治療効果がより発揮されると考えられています。 がん細胞に強力に作用する代わりに、免疫力を低下させるケースもある抗がん剤と併用する場合には、 治療のタイミングを見ながら行うことで、治療効果の相乗作用が期待できます。 また、他の免疫療法との併用や、免疫抑制を解除する薬と併用するといった取り組みも進んでいます。


免疫療法は、他の治療法との併用で、より力強い治療法として、患者さんの身近な選択肢となる可能性を秘めています。


お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る