九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法とは

がん免疫療法(がんワクチン治療)とは

私たちの体内には、生まれつき免疫という防護機能が備わっています。
つまり、体の中に侵入した細菌やウイルスを免疫によって攻撃し、排除する仕組みです。例えばインフルエンザ予防接種はこの働きを応用しています。注射をすると体内でインフルエンザに対する免疫が作られ、ウイルスを攻撃して体外に排除するのです。

このように私たちの健康は、免疫が正常に機能しているおかげだといえます。
実は私たちの体内では1日に約5000個の細胞が"がん化"しています。これらのがん細胞は、免疫細胞によって攻撃、排除されているのです。
この、がん細胞を攻撃、排除する免疫細胞をがん治療に応用したものが、セレンクリニックグループのがん免疫療法(がんワクチン治療)です。


"がん細胞だけを攻撃する" 、"特異的" がん免疫療法

がん免疫に関する研究の進歩によって、患者さまの体内ではがん細胞を排除するための免疫の仕組みが上手く機能しなくなっていることが明らかになってきました。
この理由は、体内の免疫細胞ががん細胞をきちんと認識できないために、がん細胞を正しく攻撃できない、ということが原因だと分かってきています。
以前はこれを解決する手段がなかったために、がん細胞だけでなく正常な免疫細胞にも区別なく攻撃してしまう抗がん剤を用いて、身体のすべての細胞を攻撃するしか方法がありませんでした。そのために白血球減少などの重い副作用が生じました。

しかし、21世紀に入り「正常細胞に影響なく、がん細胞だけを特異的に攻撃する」という試みが、ようやく医療の現場で実現可能になってきました。
近年話題になっている"がんワクチン"は、インフルエンザワクチン(ウイルス独自の目印を身体に注射する治療)のように、「がん細胞独自の目印」を注射することによって、体内の免疫細胞ががん細胞だけを正しく認識できるようにするための治療法として開発されました。

このように、がん細胞だけに(=特異的に)作用する免疫療法を、総称して「特異的がん免疫療法」と呼びます。実は最新の抗がん剤である「分子標的治療薬」もがん細胞に特異的な目印に対して作用する「特異的がん免疫療法」の一つとして、研究開発が進んでいます。

'がん細胞だけを攻撃する' 、'特異的' がん免疫療法



----------- コラム: 免疫とは ---------

免疫とは脅威を排除する防御システム

免疫とは、読んで字のごとく「疫(病気)から免れる」ことを指します。 人の体には、「自分」と「自分でないもの」を認識し、「自分でないもの」をやっつけてしまおうという働きが備わっています。 時には、「自分」でありながら、命そのものを奪いかねないほどの脅威と化した、がん細胞のような「自分」もやっつけてくれます。

このように「自分でないもの」や脅威と化した「自分」を攻撃し、排除しようとする防御システムのことを「免疫」と呼んでいます。


免疫の働きとは?

ウイルスや細菌などの病気の原因となるものが体内に入り込むと、免疫細胞は「異物がやってきた」と認識して攻撃を始めます。免疫細胞は敵の顔や敵との闘い方を記憶するため、次に同じ敵が体内に侵入してきた時にはすぐに攻撃し、やっつけることが可能になります。一度かかった病気にかからないことがあるのは、免疫の働きによるものます。 予防接種ワクチンは、人がもともと持っている免疫の働き(抗原抗体反応)を利用して、感染症を予防しようとするものです。


例えば、がん細胞は人の体の中で毎日生まれていますが、免疫細胞ががん細胞をやっつけてくれているので、通常はがんになりません。しかし、免疫システムの働き以上にがん細胞が増殖することで、がんになります。 つまり「自分とは異なる細胞を攻撃し、やっつけてしまおう」という免疫の働きのおかげで、私たちは疫から免れ、病気にならずに済んでいるのです。


免疫力を高める成分とは?

病気にならないためには免疫力を高めることが大切になります。 免疫力を高める食材と成分には、次のようなものが挙げられます。

キノコ菌糸体は、免疫力を高める成分として知られ、抗がん作用が認められています。 スエヒロタケから抽出されるシゾフィラン、シイタケから抽出されるレンチナン、カワラタケから抽出されるクレスチンなどは、実際に薬剤として認可されており、治療に用いられています。
また、よく耳にするアガリクスは、ハラタケ属のキノコの一種で、ヒメマツタケの名で知られています。体内に侵入してきたウイルスや細菌などの敵を食べてやっつけ、食細胞であるマクロファージを活性化させるので、抗がん作用があるとされています。 昆布やメカブなどの海藻類に含まれるフコイダンも免疫を高める成分として有名で、抗がん作用のほかに抗高血圧作用や抗コレステロール作用があるとされています。 ミツバチの巣から採れるプロポリスには抗がん作用のほかに、抗炎症作用や鎮痛作用があると言われています。 免疫力を高める成分は、がんの補完代替療法として用いられてはいますが、医薬品として認められているわけではありません。


免疫療法とは?

人間の体には、体内でウイルスや細菌のような「自分でないもの」、あるいはがん細胞のように「自分だけれど命を脅かすほどに異物化した自分」を見つけると、 攻撃してやっつけるという免疫機能が備わっています。

この免疫の働きを活かした治療法を「免疫療法」と言います。

がん治療には、手術、放射線照射、抗がん剤投与の3大標準治療があります。 それらに次いでがん治療の分野で、第4の治療法として期待されているのが免疫療法です。


免疫療法の種類

免疫機能を司る免疫細胞にはいろいろな種類があり、それぞれに役割を担っています。 また、様々な免疫細胞の特徴を踏まえて、免疫療法も多く存在しています。

一般的にがんワクチンの名で知られているのが、樹状細胞ワクチン療法やがんペプチドワクチン療法です。 司令塔である樹状細胞が、体内でがん細胞と闘うキラーT細胞(細胞障害性T細胞=CTLとも呼ばれる)に「敵がきた」と伝え、CTLを活性化させることでがんをやっつける治療法です。 患者さんから採取した樹状細胞を体外で増殖・活性化、敵(がん抗原)の目印を教え込んだのちに体内に注入するのが「樹状細胞ワクチン療法」で、敵そのものを注入するのが「がんペプチドワクチン治療」です。
免疫療法としては、患者さんから採取したリンパ球を用いて、がん細胞に対して強い殺傷能力を持つNK細胞を体外で増殖・活性化させてから患者さんに戻す「NK細胞療法」もよく知られています。
その他にも、患者さんから採取したリンパ球を体外で培養・活性化して体内に戻す活性化Tリンパ球療法、患者さんから採取したCTLを体外で増殖・活性化して戻すCTL療法などがあります。敵の目印の有無にかかわらず、体内の異物を広く攻撃するガンマ・デルタT細胞や、NK細胞と似た作用を持つNK細胞などを使った治療法もあります。


現時点では、難治性や再発のがん患者さんに対して用いられることの多い免疫療法ですが、患者さんの免疫機能を人為的に高めて、病気を治そうとする治療法であることから、標準治療によりがんが消失、または小さくなっている患者さんに対して用いることで、より効果が期待できると考えられています。 さらに、免疫療法の効果を限定的にしている原因自体を取り除こうとする、新たな免疫療法も生まれてきています。


お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る