九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

ホーム > ニュース&トピックス > 平成27年

ニュース&トピックス

アクセス

地下鉄七隈線「天神南駅」
5番出口より徒歩1分

〒810-0001
福岡市中央区天神1-2-12
メットライフ天神ビル4階

>>詳しくはこちら

  • 無料医療相談のご予約
  • 用語解説
  • 採用情報
  • 連携医療機関
  • 医療従事者のみなさま
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック東京
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック神戸
  • テラのがん免疫療法情報ガイド
  • 技術支援 tella
  • SEREN KOREA

ニュース&トピックス 平成27年

第4回日本免疫・細胞治療学会学術集会にて、当医療法人 セレンクリニック福岡 高橋秀徳院長が発表を行いました - 平成27年12月8日

2015年12月5日に開催された第4回日本免疫・細胞治療学会学術集会にて当クリニック 高橋秀徳院長が、「進行期非小細胞肺癌患者に対する樹状細胞ワクチンによる臨床的有用性および予後因 子の検討:多施設共同研究」について発表を行いました。


第4回日本免疫・細胞治療学会学術集会


再生医療の新たな法律が施工された後でもあり、全国の細胞治療等を実施されている多くの先生方がご講演されました。主なトピックスは新たな認定制度の取り組みや、免疫チェックポイント阻害剤の現状、日本の将来に向けた細胞治療の展望等が挙げられ、多岐にわたる活発な議論も行われました。

 

当医療法人では、この期待に添うべくより一層の研究を重ね、より多くのがん治療でお悩みの患者様のお役に立てるよう取り組んで参ります。

第28回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会にて、当医療法人 セレンクリニック福岡 高橋秀徳院長およびセレンクリニック名古屋 小林正学院長が発表を行いました - 平成27年12月7日

2015年12月3日・4日に開催された第28回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会にて、当医療法人 セレンクリニック福岡 高橋秀徳院長が、「進行期非小細胞肺癌患者に対する樹状細胞ワクチンによる臨床的有用性および予後因 子の検討:多施設共同研究」について、セレンクリニック名古屋 小林正学院長が、「局所再発胃癌に対する樹状細胞腫瘍内局注療法の 1 例報告」について、発表を行いました。


bio-soukai-28.jpg


学会名:第28回 日本バイオセラピィ学会

開催日:2015年12月3日・4日

開催場所:川越東武ホテル

 

演者:セレンクリニック福岡 院長 高橋 秀徳

演題:「進行期非小細胞肺癌患者に対する樹状細胞ワクチンによる臨床的有用性および予後因子の検討:多施設共同研究」

演者:セレンクリニック名古屋 院長 小林 正学

演題:「局所再発胃癌に対する樹状細胞腫瘍内局注療法の 1 例報告」

 

当日は多数の医師やコメディカルが参加し、樹状細胞ワクチン療法についても多くの発表が行われました。さらに、2014年7月に承認を受けた免疫チェックポイント阻害剤や、近年注目を浴びているキメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞療法(※1)についての発表も多く、がんに対する免疫療法について大きな期待が寄せられていました。

 

当医療法人では、この期待に添うべくより一層の研究を重ね、より多くのがん治療でお悩みの患者様のお役に立てるよう取り組んで参ります。

 

※1キメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞療法(CAR-T療法)

CAR-T療法は、がんに対する免疫の回避機能に打ち勝つため、予め遺伝子操作が加えられたT細胞を用いた免疫療法であり、米国を中心に日本でも一部の疾患において研究がおこなわれている新たな治療法です。

年末年始休診のお知らせ - 平成27年11月26日

12月27日(日)~1月4日(月)まで、休診とさせていただきます。

年始は、1月5日(火)から通常通り診療いたします。

休診中にご連絡いただいた『医療相談』等のお申し込み、診療予約等につきましては、

1月5日(火)以降に確認のご連絡をさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

12月5日(土)休診のお知らせ - 平成27年11月24日

誠に勝手ながら、『12月5日(土)』は当院の都合により、休診とさせて頂きます。

留守番電話にご連絡頂いたお問い合わせにつきましては、8日(火)に当院よりご連絡致します。

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

第30回米国がん免疫療法学会年次総会にて、当医療法人 セレンクリニック福岡 高橋秀徳院長が発表を行いました - 平成27年11月9日

2015年11月4~8日に米国・ワシントンDCで開催された第30回米国がん免疫療法学会年次総会にて当クリニック 高橋秀徳院長が、「進行期非小細胞肺癌患者に対する樹状細胞ワクチンによる臨床的有用性および予後因 子の検討:多施設共同研究」について発表を行いました。


第30回米国がん免疫療法学会年次総会


当医療法人では、この期待に添うべくより一層の研究を重ね、より多くのがん治療でお悩みの患者様のお役に立てるよう取り組んで参ります。

セレンクリニック東京移転およびセレンクリニックグループロゴ変更のお知らせ - 平成27年10月19日

セレンクリニックグループ・セレンクリニック東京は、培養施設の拡大に伴い下記に移転し、2015年10月21日(水)より診療を開始いたします。

移転に伴い、10月19日(月)、20日(火)を臨時休診日といたしますので、なにとぞご了承いただきますようお願いいたします。
また、これを機に、セレンクリニックグループのロゴデザインをリニューアルいたしますので、お知らせいたします。

  • セレンクリニック東京 新住所

    〒100-0006
    東京都千代田区有楽町2-7-1
    有楽町イトシア オフィスタワー 11階
    ※東京駅より山手線でひと駅、有楽町駅前
    TEL:03-6206-3859
    FAX:03-6206-3854

  • 新ロゴマーク

    2本の矢は、「医療技術」と「医療サービス」を表します。

セレンクリニック東京 『 ~移転のご案内~ 』 - 平成27年9月15日

セレンクリニックグループ、セレンクリニック東京は、培養施設の拡大に伴い、現在の東京都港区から下記に移転する運びとなりました。

移転に際し、現在(東京 港区)のセレンクリニック東京での診療は、2015年10月17日(土)が最終診療日となります。

移転先(東京都千代田区 有楽町)での診療再開予定日は、2015年10月21日(水)頃を予定しております。

詳細につきましては、当サイトを通じて改めてご案内申し上げます。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

【 新所在地 】

  〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアオフィスタワー 11階

4月25日(土)休診のお知らせ - 平成27年4月21日

誠に勝手ながら、『4月25日(土)』は当院の都合により、休診とさせて頂きます。

留守番電話にご連絡頂いたお問い合わせにつきましては、28日(火)に当院よりご連絡致します。

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

セレンクリニック福岡の培養施設(細胞培養加工施設)が地方厚生局長(九州厚生局)に受理されました - 平成27年3月24日

医療法人社団 医創会セレンクリニック福岡は、免疫細胞治療を含む再生医療の実用化をより安全かつ迅速に推進するための法律「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(2014年11月25日施行http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/saisei_iryou/)に基づき、当クリニックの細胞培養加工施設の届出を行い、地方厚生局長(九州厚生局)に受理されましたのでお知らせします。

 

本法律は、再生・細胞医療の実施において、提供する医療の安全性および品質を確保することを目的としています。本法律に基づいた細胞加工施設として、当クリニックの培養施設(細胞培養加工施設)は厚生労働省に登録されました。

TBSテレビの情報番組「いっぷく!」で、セレンクリニック東京が紹介されました - 平成27年3月13日

~ がんと共に働く「がん就労の現実」特集 ~

 

2015年3月13日、TBSテレビの情報番組いっぷく!の「とことんリサーチ!いっ特」のコーナーで、がんと共に働く「がん就労の現実」特集において、当クリニックが紹介されました。

 

がん患者様のうち、3人に1人は65歳以下で働ける(就労可能)年齢と言われています。しかし、がん治療を受けながら仕事を続けることや雇用において、十分に社会の環境が整っているとは言えない現実があります。

 

当コーナーでは、「がんと共に働く」患者様にスポットをあて、がん治療と仕事の両立の現状について放送され、副作用が少なく、働きながら受けられるがん治療として、第4のがん治療「樹状細胞ワクチン療法」と共に、セレンクリニック東京が紹介されました。

 

また、セレンクリニック東京の職員も参加したがん就労者・支援者によるオープンコミュニティ「CAMP」の第1回フォーラム「CAMP for Cancer Patients @東京」の模様も取り上げられました。

 

当院では、引き続き、安心して治療を受けていただける社会環境と共に、がん患者様の就労を支援して参ります。

 

<参考>

TBSテレビ情報番組「いっぷく!」

http://www.tbs.co.jp/ippuku_tbs/corner/ittoku/20150313.html

 

 

「CAMP for Cancer Patients @東京」開催内容

http://news-tv.jp/tella/

 

セレンクリニックの「局所再発胃がんに対する樹状細胞ワクチン療法の腫瘍内局所投与の症例報告」について英国論文に掲載されました - 平成27年1月7日

~ 局所再発胃がんに対する樹状細胞ワクチン療法の腫瘍内局所投与の症例報告 ~

 

本症例は、高度な肺機能障害により根治手術ができず、内視鏡的粘膜切除術も印環細胞癌であるために当時の基準で適応外と判断された症例です。抗がん剤は副作用により継続できなかったために、WT1ペプチド及びMUC1(それぞれがん抗原の一種)を用いた樹状細胞ワクチン療法の腫瘍内局所投与を実施しました。

 

内視鏡を用いて樹状細胞ワクチンを腫瘍内へ投与し、7回投与後から1ヶ月経過時には腫瘍が縮小し、病理学的検査ではがん細胞の消失が確認されました。また、血液検査では腫瘍マーカーも減少し、治療期間中、抗がん剤等の標準治療は行っていないにもかかわらず、無再発状態が30カ月以上続いていました。

 

本報告は、副作用等により抗がん剤治療ができない、内視鏡的粘膜切除術や根治目的の手術ができない胃がん患者に対して、樹状細胞ワクチン療法の腫瘍内局所投与が著効した初めての症例報告です。

 

この結果を踏まえ、本療法および本疾患に対する更なるエビデンス(科学的根拠)強化を図り、より良い治療を提供してまいります。 

 

World Journal of Surgical Oncology

Web版はこちら http://www.wjso.com/content/12/1/390/abstract

 

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る