九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

アクセス

地下鉄七隈線「天神南駅」
5番出口より徒歩1分

〒810-0001
福岡市中央区天神1-2-12
メットライフ天神ビル4階

>>詳しくはこちら

  • 無料医療相談のご予約
  • 用語解説
  • 採用情報
  • 連携医療機関
  • 医療従事者のみなさま
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック東京
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック神戸
  • テラのがん免疫療法情報ガイド
  • 技術支援 tella
  • SEREN KOREA

分子標的薬

分子標的薬は、1980年代から1990年代にがんの分子生物学が進歩したことがきっかけで誕生しました。がん細胞の増殖や転移に関しては、がんだけに見られる、あるいはがんで多く発現している異常なタンパク質や酵素が重要な役割を果たしていることが分かってきました。

こうしたがん細胞に特異的あるいは過剰に発言し、がんの成長に関与している分子を見つけ、標的として攻撃する、これが分子標的薬です。

分子標的薬が標的とする「がんに特異的な分子」によって、主に「シグナル伝達経路阻害剤」、「血管新生阻害薬」等のグループに分けられます。

また、分子標的薬は薬そのものの物理的性質によっても分類することもでき、「低分子化合物」と、「抗体製剤」に分けられます。低分子グループの薬は分子量が小さいので細胞の中まで入っていくことができます。イレッサやタルセバ、グリベックなどです。

一方、抗体製剤のグループは、遺伝子工学を利用して作られた人工の抗体です。人工の抗体が、がん細胞にだけ存在する細胞のレセプター(受容体)や情報伝達物質に取り付いて、その働きを阻害したりして効果を発揮します。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る