九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 用語解説 > 活性化リンパ球療法(LAK療法)

用語解説

アクセス

地下鉄七隈線「天神南駅」
5番出口より徒歩1分

〒810-0001
福岡市中央区天神1-2-12
メットライフ天神ビル4階

>>詳しくはこちら

  • 無料医療相談のご予約
  • 用語解説
  • 採用情報
  • 連携医療機関
  • 医療従事者のみなさま
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック東京
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック名古屋
  • 医療法人社団 医創会 セレンクリニック神戸
  • テラのがん免疫療法情報ガイド
  • 技術支援 tella
  • SEREN KOREA

活性化リンパ球療法(LAK療法)

活性化自己リンパ球療法とは、患者さまの血液からリンパ球を採取し、体外で増殖させ患者さまの体内に戻す治療方法です。抗がん剤や放射線などの治療で弱った免疫力を回復させ、がんと戦う力が高めることができる治療法です。活性化したT細胞などのリンパ球が出すサイトカインや成長因子が、体内の免疫環境を整え、がん免疫の働きを助ける効果も報告されています。


がん免疫療法を希望される患者さま全てに治療可能です(血液がんなど、一部のがんで治療できない場合があります)。活性化リンパ球療法は、ほぼすべてのがん治療(手術、抗がん剤、放射線療法、緩和医療、など)との併用が可能です。

■ 治療の流れ
1.患者さまの血液から得られたリンパ球を、体外で細胞を刺激する物質(サイトカインなど)を
用いて攻撃力の高いリンパ球へと培養していきます(約1,000倍に増えます)。約2週間で培養が完了します。
2.点滴により活性化されたリンパ球を体内に戻して、がんを攻撃します。

■ 準備いただくもの
紹介状(診療情報提供書)、血液検査データ(過去から現在にいたるまでの血液データ)、
画像検査データ(レントゲン、CT、MRI、PETなど)、心電図、薬剤リスト
※上記の準備ができない場合でも無料医療相談は可能です。

1980年代にアメリカ国立がんセンターのローゼンバーグ博士らのグループが開発し、試行錯誤を経ながら、1990年代にリンパ球を数千倍に増やし、かつインターロイキン2による副作用がほとんどない治療法として実施されています。

キーワード: 免疫細胞

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る