九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 樹状細胞ワクチン療法 > 樹状細胞ワクチン療法の特長

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法の特長

樹状細胞ワクチン療法の特長


樹状細胞ワクチン療法の特徴



豊富な治療実績と技術・ノウハウにより「がんワクチンとして最適化された技術

一般的な「樹状細胞ワクチン」に、高度な改変・改良を重ね、さらにテラの豊富な治療実績と技術・ノウハウを注ぎ込み、がん治療用として最適化されています。



患者さんごとに最適化された「個別化医療(パーソナライズド・メディシン)」です

特許技術である「WT1ペプチド」抗原を軸とし、マルチながん抗原群を、個々の患者さんのがんに最適化して使用することで、治療効果の期待値を高めています。



持続的な「エビデンス(科学的根拠)の強化」を進めています

樹状細胞ワクチンの治療効果は、まだ確立されたものではありません。当院を含めたテラの契約医療機関では、がん患者さんの治療中、治療後の経過を調査し、その結果を複数の専門家が解析し、成果を国内外の主要学会・学術雑誌へ公表しています。今後も継続してエビデンスの強化を進めていきます。



----- コラム: 樹状細胞ワクチン療法の抗腫瘍メカニズム ------

樹状細胞ワクチン療法の抗腫瘍メカニズム

そもそもがん細胞は毎日人の体内で生まれていますが、免疫の力が働いて、その増殖を抑えています。この免疫機能に狂いが生じると、がん細胞が増殖し、がんという病気になります。
こうした人体に元来備わっている免疫の力を人工的に活性化させて、がんをやっつけようとする治療法が樹状細胞ワクチン療法です。樹状細胞が持つ、がん抗原(敵の目印)をほかの免疫細胞に伝える抗原提示能力を利用し、がんだけを狙い撃ちます。

樹状細胞ワクチン療法では、たとえば患者さんから採取した細胞を元に培養した樹状細胞に、がん抗原を覚えさせて、教化・強化し、患者さんの体内に戻します。すると、樹状細胞から「これが敵の顔だよ」という情報を受け取ったキラーT細胞(細胞傷害性T細胞=CTL)という名の攻撃隊が増員され、その情報を基にがんをやっつけます。そのため、ほかの細胞を傷付けることなく、がんだけを効率よく攻撃することが可能と考えられています。これが、樹状細胞ワクチン療法の抗腫瘍メカニズムです。



樹状細胞ワクチン療法に副作用はあるの?

いまだ確立した治療法ではないことから副作用についても研究段階と言えますが、臨床試験などにおいても重篤な副作用はほとんど認められていません。 よく見られる軽度の副作用の現象としては、注射部分の皮膚の腫れや発熱といった症状が報告されています。
樹状細胞ワクチン療法は、副作用に苦しむことなく、患者さんが高いQOLを維持しながら受けられる治療法として期待されています。



樹状細胞ワクチン療法はほかの治療とも併用できる?

免疫機能に人工的に働きかける樹状細胞ワクチン療法は、免疫細胞が活性化され、効果が見られるようになるまでに時間を要することから、手術療法や放射線療法、化学療法(抗がん剤)といった標準治療との併用が一般的です。標準治療によってがんを縮小したり消失させたりした上で、樹状細胞ワクチン療法を行うことで、より治療効果が期待できると考えられています。
ただし、がん細胞の勢いとともに免疫力まで低下させてしまう抗がん剤治療などと併用する場合には、ある程度免疫力が回復してきた時期を見計らって、樹状細胞ワクチン療法を用いるといった治療計画が必要とされています。
標準治療との組み合わせのほかにも、近年話題の免疫抑制を解除する治療法との併用や、ほかの免疫療法との併用などの研究も進められています。

樹状細胞ワクチン療法と他の治療法のそれぞれの特性を活かして併用することで、がんの克服へ向けて、さらに強力な治療法となる可能性が秘められています。


お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る