九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 樹状細胞ワクチン療法 > 樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)のしくみ

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)のしくみ

樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)のしくみ




---コラム:樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)とペプチドワクチン治療の違い---

樹状細胞とは、リンパ球に「がん細胞はここですよ」と敵の目印を教えて、攻撃させる司令塔の役割を持つ免疫細胞です。
がんという病気は、がん細胞の増殖に対して、樹状細胞の働きが十分で無くなるために生じます。
そこで、人工的に培養した樹状細胞を患者さんの体内に注入することで、樹状細胞の機能を強化し、がん細胞をやっつけようという治療法が樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)です。

体外で培養された樹状細胞には、既に敵の目印が教え込まれています。 そのため、より効果的に患者さんの体内のがん細胞を狙い撃つことが可能になると考えられています。

ペプチドワクチン治療とは?

ペプチドワクチン治療とは、敵の目印、つまりがん抗原ペプチドそのものを患者さんの体内に注入する、がん免疫療法の一種です。
敵の目印であるがん抗原ペプチドが注入されると、敵がやってきたと錯覚した樹状細胞がキラーT細胞(細胞傷害性T細胞=CTLとも呼ばれます)に敵を攻撃するよう指令を出します。 この目印にだけ反応するよう増殖されたキラーT細胞ががん細胞を見つけて攻撃するというのが、ペプチドワクチン治療の発想です。

樹状細胞ワクチン療法とペプチドワクチン治療の違いとは?

敵の目印を教えられた樹状細胞を注入するのが樹状細胞ワクチン療法、敵の目印そのものを注入するのがペプチドワクチン治療という違いがあります。
いずれも、樹状細胞がキラーT細胞を活性化させ、がん細胞を叩くという免疫システムを利用したがん免疫療法です。 樹状細胞ワクチン療法においてもペプチドワクチン治療においても、敵の目印となるがん抗原ペプチドが大きな鍵を握っています。

どちらの治療法であっても、がんワクチン治療は患者さん一人ひとりに合わせたがん抗原ペプチド(たとえば、当院で提供するHLA依存型WT1ペプチド)を使用することで、より効果的な治療に結びつけようとする流れにあります。 次世代のがんワクチン治療に向けて、日々研究開発が進められています。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る