九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 樹状細胞ワクチン療法 > 当クリニックが提供する「樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)」とは

樹状細胞ワクチン療法

当クリニックが提供する「樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)」とは

樹状細胞とは?

樹状(じゅじょう)細胞とは、人間の体内にもともと存在している、枝のような突起(樹状突起)を持つ細胞です。つい最近まで、どのような役割を持った細胞なのか分かっていませんでしたが、実はこの樹状細胞は「がんに対する免疫の要(かなめ)」として、次のような非常に重要な働きを普段から担っている免疫細胞であることが分かってきました。

樹状細胞

樹状細胞

樹状細胞説明

というものです。

樹状細胞は、がんの目印を最初に体内で認識し、その情報を免疫細胞であるリンパ球に伝える役割を担っています。
樹状細胞の元となる細胞(単球)を患者さまの血液からとりだし、樹状細胞に育て、この樹状細胞に「がんの目印」をあらかじめ認識させます。
これをワクチンとして再び体内に注射して戻すことで、患者さまのがん細胞だけを攻撃することができます。
これが、当クリニックが専門とする"樹状細胞ワクチン療法″です。


セレンクリニック福岡が提供する「樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)」

セレンクリニックグループの「樹状細胞ワクチン療法」

当クリニックが専門とする"樹状細胞ワクチン療法″は、特異的がん免疫療法の一つである"がんワクチン治療"に、さらに自己の免疫細胞を用いることによってより確実にがん細胞に攻撃できるように進化させた「最先端の特異的がん免疫細胞療法」として、世界中で研究が行われています。

そして2010年、前立腺がんに対する樹状細胞ワクチン療法による延命効果が明確に証明され(注)、樹状細胞ワクチン療法が米国で認可されました。
このように、最先端の特異的がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」は、第4のがん治療としてのエビデンス(検証結果)確立に向け、より新しい時代に入っているといえます。

樹状細胞ワクチン療法は、正常細胞に影響なく、がん細胞だけに特異的に作用することに加え、さらに自分自身の免疫細胞を用いてワクチンを作ることから、従来の抗がん剤のような重い副作用の心配がなく、QOL(生活の質)を維持しながらがん治療を行うことができるという特徴が挙げられます。

(注)フィリップ W ニューイングランドジャーナル 2010年
Philip W, et al. N Engl J Med 2010; 363:411-422


当クリニックが提供する「樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)」の"3つの特長"

樹状細胞ワクチン療法は、患者さまの血液から取り出した細胞を樹状細胞に育て、がんの目印をつけて、再び体内に戻すことで、がんだけを攻撃することができるがん治療法です。


特徴1 : がんだけを攻撃できるので、"副作用の心配が少ない"

樹状細胞ワクチン療法は、最先端の「特異的」がん免疫療法です、患者さまのがん細胞だけを"狙い撃ち"する免疫を強力に活性化させます。
さらに、患者さまの細胞を使用してワクチンを作製するため、副作用の心配が少ないのです。


特徴2 : 長い間、がんを攻撃する"免疫力が持続" (インフルエンザワクチンと同じ仕組み)

樹状細胞ワクチン療法は"ワクチン"という名前の通り、患者さまのがんだけを狙い撃ちで攻撃する免疫力を体に"記憶させ"、長い間それを持続させることを目的としています。
すなわち、がんに対する免疫力が記憶されている間は、他のがん免疫療法のように延々と治療を継続する必要がないと考えられています。


特徴3 : 進行がん、転移しているがんにも有効な可能性

樹状細胞の働きによりがんの目印を覚えたリンパ球は、からだの中をめぐってがん細胞を攻撃します。
そのため、進行がんや転移しているがん細胞を攻撃することが期待されます。



--- コラム: 特異的免疫療法(樹状細胞ワクチン療法)の新しい局面 ---

1990年代に入って、免疫学・分子生物学のめざましい発展がありました。これが新世代の免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」の開発に大きく貢献します。免疫療法にとって「歴史的」と言える2つの発見は、以下のようなものです。


1. がん抗原の発見

特徴的な「がんの目印(がん抗原)」の探索は古くから行われていましたが、技術的に未熟なこともあって、がんに「抗原」は無いという結論となり、一度はあきらめられていました。しかし、この時期、急速に発達した研究技術により、今まで分からなかった「がん抗原」がいくつも発見されました。すなわち、「狙い撃ちするべき敵の顔(がんの目印)」が明らかになり、今までになかった新世代の免疫療法の準備が整ってきました。


2. 樹状細胞の発見

がん抗原を用いて、より強力ながんワクチン(樹状細胞ワクチン)を作製するためには、がん抗原(がん細胞の目印)が生体内でどのようにリンパ球に伝えられるのか、そのメカニズムを知らなければなりません。1990年代に入り「樹状細胞」という、あまり聞きなれない名前の細胞が、この重要な役割を担うことが分かってきました。


樹状細胞の存在は比較的古くから知られていたのですが、その細胞がどのような働きをしているのか、あまり分かっていなかったのです。それまでは、がんや細菌、ウィルスの特徴(抗原)をリンパ球に教える(抗原提示)のはマクロファージという細胞が中心になって、その働きを担っていると考えられていました。しかし、免疫研究の進歩に伴い、がんの目印をリンパ球に教える役割は、ほとんどが樹状細胞が担っていることが分かってきました(このことから、樹状細胞は「プロフェッショナルな抗原提示細胞」と呼ばれています)。また、この樹状細胞は、体内に非常にわずかしか存在しないことも分かりました。


以上、2つの発見によって、いよいよがんを狙い撃つ新世代のがん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」がうぶ声を上げることになります。


樹状細胞ワクチン療法は、たくさんの樹状細胞を体外で培養してその数を増やし、樹状細胞にがん抗原を結合させて再び「がんワクチン」として患者さまの体内に戻して、患者さまのがんを攻撃するリンパ球を効率よく活性化・増幅する、すなわち、がんを攻撃する患者さまの免疫システムをフルスペックで起動します。

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る