九州・福岡の「免疫療法・樹状細胞ワクチン療法」専門クリニック。免疫療法によるがん治療は当院にご相談ください。

がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック |医療法人社団 医創会 セレンクリニック福岡

お問い合わせ・無料医療相談・資料請求

092-717-2211

診療時間:10時~17時 休診日:月曜・日曜日・祝日

文字サイズ
小
中
大

免疫療法・がん治療トップ > 樹状細胞ワクチン療法 > 一般的ながんワクチン(ペプチドワクチン)治療との違い

樹状細胞ワクチン療法

一般的ながんワクチン(ペプチドワクチン)治療との違い

『がんワクチン治療』とは、"人間の持っている免疫の力でがんを攻撃する" という免疫療法のひとつで、樹状細胞のはたらきを利用します。

一般的ながんワクチン(ペプチドワクチン)治療

一般的ながんワクチン(ペプチドワクチン)治療(下左図)は、がん細胞の目印(がん抗原、といいます)を体内に注射し、体内で起きる免疫反応を利用して、リンパ球にがん細胞を攻撃させます。しかしながら、ペプチドワクチン治療では、この免疫反応を主役として担う樹状細胞の①数が少ない、②がん細胞の目印を覚える能力が低い、などの問題があり、がん細胞を十分に攻撃できていない可能性があります。


樹状細胞ワクチン療法

一方で、この樹状細胞を体外で培養することにより、①大量に作製して、②がん細胞の目印を覚える能力を高め、患者さまの体内に戻すことにより、たくさんのリンパ球にがん細胞を攻撃させる、これが当院が提供するがんワクチン治療、樹状細胞ワクチン療法です。

ペプチドワクチンとの違い

お問い合わせ・ご相談
このページの先頭へ戻る